<   2010年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

イヤな季節、到来

秋分がすぎて日が短くなってきた。
寒さに耐えきれずストーブ点けてしまった。
着る衣服が多くなり、着替えが面倒くさい。

またイヤな季節が来ましたわい。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-28 23:42

復活! どすこい秋場所 千秋楽

優勝が決まったのに、満員御礼がでる。
白鵬の連勝目当てか?

今日も勝って4場所連続全勝優勝。
62連勝。
来場所も勝ち進めば、中日が70連勝目になるが、果たして新記録なるか?

大関陣は琴欧洲だけが、やっと10勝。
不甲斐ないとしか言いようがない。

関脇・栃煌山が11勝で技能賞。
攻めが速くなり、今後が期待。

同じ関脇の阿覧は7勝8敗で来場所は小結に留まりそう。
しかし、終盤は立合いの変化が多く、やっぱりコイツはダメだ。

ダメといえば稀勢の里。
小結で負け越し。
突き押しで勝負したいのか、四つに組みたいのか、相変わらずはっきりしない。

何はともあれ、相撲人気復活の気配が感じられた場所だった。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-26 22:01

復活! どすこい秋場所 十四日目

白鵬、61連勝&優勝決定。
魁皇、勝ち越してカド番脱出。
十両、豊ノ島、優勝決定。

当初の見どころはすべて達成しそうだが、やっぱり盛り上がりが今ひとつ。

三賞の予想。
殊勲賞 今場所も該当者なし
敢闘賞 豪風と嘉風の尾車コンビ
技能賞 安美錦(8勝どまりでも)
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-25 23:57

復活! どすこい秋場所 十一日目&十二日目

白鵬、59連勝。

優勝争いで追うのは2敗の豪風、嘉風の尾車部屋の二人。
明日、二人とも負けて白鵬が勝てば優勝決定じゃん。

こんなつまらない展開にしたのが、琴欧洲と把瑠都のダメ大関。
そろって、昨日今日といいところなく連敗。

魁皇、横綱と大関戦終えて6勝6敗。
何とか勝ち越せそうだ。

ほとんど片足で取ってる安美錦だが、相撲の巧さは絶妙。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-23 23:08

汚職事会

f0060496_1946586.jpg

題名に何かご不審でしょうか?

オヤジ&オヤジ見習い計6人の飲み会なので、これでいいのだ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-22 19:46

復活! どすこい秋場所 九日目&十日目

白鵬、57連勝。
明日の阿覧戦、立合いの変化に注意。

魁皇、連日必死の土俵。
現在5勝5敗。
残りの対戦相手を考えると勝ち越しは厳しい。
とにかく、引き際はきれいに。

けっこう熱戦もあるのだが、くだらない変化技が盛り上がりに水を差す。
立合い、呼吸を合わせようとせず、自分勝手に立って相手が待ったするのも興ざめだ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-21 23:37

復活! どすこい秋場所 中日

二日続けて満員御礼。

白鵬は55連勝。
昨日今日と、少しいつもの白鵬らしくなかったが、明日あたりから、また平常心で相撲が取れるのではないだろうか?

琴欧洲も全勝ターン。
しかし、期待するとすぐに裏切られるから期待しないようにしよう。

魁皇、何か異様な人気。
何だろう?
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-19 23:52

復活! どすこい秋場所 七日目

白鵬、千代の富士の記録を超える54連勝。
すごいものだ。

今日は今場所初めて満員御礼がでた。
やっぱり歴代2位の連勝記録達成を見たかったのだろう。
今の相撲界は白鵬の連勝だけが人気復活の頼りだ。

長らく愛読していた『大相撲』(読売新聞社)が今月号をもって休刊(実質廃刊)となった。
売上部数が相当減っていたのだろう。
協会機関誌『相撲』(ベースボールマガジン社)とは一味違う辛口の記事が好きだったのだが。
確実に相撲の人気が落ちていることを感じる。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-18 23:47

復活! どすこい秋場所 六日目

観客が少ない中、白鵬53連勝。
千代の富士のときは、盛り上がっていたのになあ。

千代の富士は54連勝をかけて横綱・大乃国と対戦。(昭和、最後の一番)
真っ向勝負の力の入った相撲で大乃国に敗れた。
連勝はストップしたが、正々堂々とした名勝負だった。

いま心配しているのは、ただ結果として勝てば良いと思っている力士が、つまらない変化で連勝をストップさせることだ。
阿覧などが要注意。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-17 22:58

復活! どすこい秋場所 五日目

白鵬、52連勝。

今日は十両と幕内で「うっちゃり」を仕掛ける相撲があり、たいへん喜ばしい。
立合い、一瞬の変化で勝負が決まると、観客はしらけるが、最後まで粘りを見せる相撲は場内を湧かせる。

相変わらず客の入りが悪いが、その中で千代の富士に並ぶ53連勝に挑む白鵬は気の毒だ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-09-16 23:04