<   2010年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

津波のせいで

放送予定がすっかり変わってしまった。
本来なら女子団体追い抜きの銀メダルで盛り上がっただろうに。

しかし惜しかった。
金メダル、最後に取ったか? と思った。
寅年トリオ、よく頑張りました。
高木も一生懸命応援していたが、次回は主力に成長してほしい。

いま、ネットで見て驚いたのは、女子距離30㎞クラシカルで石田正子が5位入賞とのこと。
世界との力の差が大きかった距離競技で、5位は快挙だ。

さて、明日は閉会式。
祭りの終わりは寂しい。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-28 21:36

最後に

真央が銀メダルに終り、今大会は金メダルなし、メダルもこれで確定と思っていたら、最後の方でメダル候補の種目があった。

スピードスケート女子団体追い抜き。
前回からできた種目だが、今日韓国に勝って、明日の準決勝でポーランドに勝てばメダル確定である。
金メダルの期待さえあるのだから注目。
長年頑張ってきた田畑にメダルを取らせてやりたい。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-27 23:46

ジジイたちのたわごと

女子フィギュア、ハイレベルな戦いは、やはりキム・ヨナの勝利だった。
真央も安藤も鈴木も、ほぼベストを尽くし、順位にかかわらず拍手を送りたい。

銅メダルのロシェットは母親の急死という悲しい出来事に耐え、よく頑張った。
米国籍の長洲は、ヨナ、真央の次の王者候補?
とにかく上位の選手たちには魅了された。

他の競技の日本選手も健闘。
複合ラージヒルで渡部が9位。
女子クロスカントリーリレーでも9位。
入賞にもう一歩まで迫った。

ところが、一生懸命頑張っている選手たちに水をかけるようなバカジジイたちがいる。
「銅メダルで喜ぶな。金を取らねば価値がない」みたいなことを言うのは石原都知事。
「オリンピックはメダルを取るもので、入賞では通用しない」という全日本スキー連盟の伊藤義郎会長。
どちらも大昔の発想としか思えない。
絶対、東京でオリンピックはやって欲しくないね。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-26 22:54

決選前日

いやあ、何かフィギュアが異常な盛り上がりになっている。
今日のオリンピックがらみの報道は、ほとんど真央とヨナ一色。

スピードスケート女子5000m7位入賞の穂積がかすんでしまった。
穂積は3000mでも6位入賞と頑張ったんだけどね。
日程が不運だった。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-25 23:09

朝から観戦

時差の関係で、朝起きてテレビをつけると、どこかの局で何かしらライブで中継している。
今朝は複合団体。
テレビをつけた時点では5位だったので、3位の可能性もあるかなと観てしまう。
ただでさえ朝は慌ただしいのに困ったものだ。
何とか遅れずに出勤するが、ヘタすりゃ遅刻だわい。

で、複合団体は6位。
カーリングは最終戦の前に予選敗退が決まる。

昼休み、ギリギリセーフで真央とヨナの演技を観る。
真央は今シーズン一番の出来だったが、ヨナはそれを上回った。
金メダル争いは二人に絞られた感じ。
しかし、逆転はかなり難しそう。
とにかく、ベストを尽くして欲しい。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-24 23:16

連日の入賞

本日はジャンプ団体が5位入賞。
しかし、メダルを取るのはたいへんなことなんだと、つくづく思い知らされる。

冬季オリンピックのいちばん古い記憶は1968年のグルノーブル大会。
札幌のひとつ前の大会だが、入賞者は0だった。
当時は6位までが入賞で、今の8位までなら2人いたのだが、それにしてもどの種目も日本選手の順位が下の方なので、
「日本って冬のオリンピックは弱いんだな」
と、少年のワシは思ったものだ。

札幌のときも、70m級ジャンプ(現在のノーマルヒル)で金銀銅の独占という快挙はあったけど、メダルはその3個だけ。
入賞も4位、5位、6位それぞれ1人ずつと、あまりパッとしなかった。

その当時を思えば、日本選手もずいぶん活躍するようになったものだ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-23 23:06

本日も健闘

1000mに続き、小平が1500mでも5位に入賞。
高木も元気に滑り終えた。

カーリングは毎試合スリリングな展開。
ロシアにみごとな逆転勝ちの後、ドイツに惜敗。
3勝3敗で残りは3試合。
どの国もランキングは日本より上位だが、念願の準決勝進出なるか?
全国で寝不足の人が増えだしていることだろう。

バンクーバーに応援に行ってきた知人が帰ってきた。
何だか現実感がないけど、世界はその気になればそんなに遠くないのだ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-22 22:37

オリンピック雑感

2日ブログを休んでいる間に高橋がフィギュア男子で初メダル。
価値ある銅。

カーリング、準決勝進出に望みをつないだイギリス戦の勝利。
今日は休みで、明日は2試合というのもハードだが、何とか予選を通過させたい。
しかし、どの国ともきわどい勝負で、精神的にもキツイだろうなあ。

ジャンプ・ラージヒル。
葛西が8位入賞。
客観的にみて、よく頑張ったと言ってあげたい。
それにしても伊東以下、若手がだらしない。
団体は竹内に代えて岡部でもいいんじゃないの?

さて、全然世界と勝負にならない種目でも、「試合に出れただけでも良かったじゃん」と言いたいのはスケルトン女子の小室だろうね。
せっかく代表になったのに、1回も滑走できずに終わってしまった。
貼ってなくちゃダメなシールをはがして失格なんて初めてのケースじゃないの?
本人のミスだけど、監督とコーチは何やってんだ?

今回、選手は90何人で、選手団は200人以上。
つまり、役員・監督・コーチの方が多いんだよね。
まあいつものことなんだけど、もっとしっかりして欲しいね。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-21 22:22

国母騒動

ミョーなことで注目の人になってしまった国母だが、決勝に進出し8位入賞を果たした。
騒動の中、さすがにプロというべきか。

いちおう本人も「迷惑をかけました」と言っているが、別に具体的に誰かに迷惑をかけた訳ではない。
人それぞれの価値観の違いで、不快に感じた人がけっこういたという話である。
国を代表している自覚がないといえばそうかもしれないが、犯罪者みたいな扱いは異常だべ。

しかし、選手団長の橋本聖子は見直した。
国母と同席して、いっしょに頭を下げたのは、立派だと思う。
今までのオヤジ団長にはできなかったことだろう。
古橋さんなら出場を許さなかったかもしれない。

橋本団長は競技もあちこち見ているようだし、やっぱりこの人は国会にいるよりオリンピックが似合っている。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-18 23:51

早起き

いつも7時半頃起きるワシだが、今日は6時45分に起きた。
ちょうど岡崎が滑るところだった。
今日の岡崎は、調整の失敗か、気負いすぎか、限界か、今までのオリンピックの岡崎ではなかった。
1000mでは結果はどうでも、納得のレースをし、あの「朋美スマイル」を見せてもらいたい。

吉井はナイスなレース。
期待された小平と意外にも初出場の新谷は消化不良な感じだった。
それにしても、韓国と中国は短距離が強い。

フィギュア男子は3人とも好発進。
フリーでは4回転に挑戦するのか?

カーリングも白星スタート。
だけど、世界ランクをみれば、日本より上位国がズラリ。
簡単に勝てる相手はいないのだから、毎日大変だ。

スノボークロスの藤森、無念の欠場。
リュージュの安田、重量オーバーで失格。
4年間、この日のために頑張ってきたのに気の毒だった。

無事に長島と加藤にメダルが授与され、やっと安心。
[PR]
by ojiji-houdan | 2010-02-17 23:41



時事ネタを勝手に評論
by ojiji-houdan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
最新のトラックバック
こんなことってあるの?
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧