<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

毎日が楽しみ

民主党政権になってから、毎日のように変化がある。
今まで、国民が思うことと逆のことをやるのが政治だったので、この変化は楽しい。

ダムの問題だけど、計画・着工から何十年も経っているのに、未だに完成していないものは、それだけ緊急性も薄かったってことじゃないのかね?
無理に完成させて、それが何の意味がある?
例の八ツ場(この字で良かったかな?)ダム、群馬県でしょう。
総理大臣が4人も出ている間にも工事は完成していない。
文句言うなら自分らが選んだ政治家に言えっつうの。

しばらく大人しかったカメイさん。
大臣になったとたんウルサイのが復活。
「カメイシズカにしろ」も復活?
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-30 22:55

ラストスパート

北海道日本ハムファイターズ、優勝までもうひと頑張り。

今日は珍しくホームランがポンポン出たなぁ。
こんなに余裕で観戦したのは今シーズン初めてかも?

何しろ接戦を粘り強く勝つのがファイターズ。
観る方はいつもはらはら。

しかし、明日とあさっては誰が投げるのだろう?
ダルビッシュがいない投手陣は厳しい。

糸井と小谷野が復調したようだ。
あとは稲葉大明神だな。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-29 23:12

戦い終えて

相撲をやっている間は、相撲が生活の中心みたいになっている。
場所が終わると、何日か放心状態。

秋場所中に民主党政権となり、鳩山内閣が誕生したんだよね。
まだ新政権は12日しか経ってないのだが、すっかり馴染んでしまった。

まあ、課題は山積みだが、何しろ50年以上分のたまった毒を出さねばならぬのだから、まずはお手並み拝見。
そんなに次から次とは改革できないものだ。法律の問題もあるし。
とにかく拙速はいかん。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-28 22:41

どすこい秋場所 千秋楽

結びの一番、白鵬が立合いで圧勝。
優勝決定戦は朝青龍が意地を見せて雪辱。
時間は短かったが、2番合わせて「名勝負」といっていいだろう。

今年5場所を終えて、白鵬の本ワリ成績は71勝4敗。
それなのに優勝は2回というのが不思議。
これで今年は決定戦3連敗。

朝青龍は「勝負師」としては素晴らしい。
でも、そこしか誉めようがない。

今日はずいぶん土俵に活気があった。
物言いもいくつかついたが、行司の技術不足が目立った。

雅山と旭天鵬はすでに負け越し同士だったが、力を尽くした熱戦。
他にも、7勝7敗力士が惜敗し負け越す相撲も何番かあった。
特に安美錦は鶴竜相手にうまく取ったのだが及ばず負け越し。

そんな中で観客をしらけさせたのが、やっぱり阿覧。
相手の武州山は勝てば33歳にして初めての敢闘賞。
しかし、阿覧の立合いの変化で敗れ、チャンスを逸する。
阿覧、現幕内でつまらない力士のベスト3に入る。

ともあれ、今場所はブログ皆勤。
訪問された方々、ごっつぁんでした。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-27 22:45

どすこい秋場所 十四日目

昨日同様、ダブル大関「琴」が横綱に挑戦。
で、今日もまた全然いいところなく敗れる。
かくして、千秋楽結びまで優勝決定は持ち越した訳だが、横綱と大関以下の力の差が大きすぎる。

期待されている日本人力士の代表格、稀勢の里はやっと7勝7敗となり明日に勝ち越しを懸ける。
琴奨菊は負け越し決定。
安美錦が膝の故障がなければ、大関を狙えるのだが、現状維持が精いっぱいなのだろう。

把瑠都と鶴竜の好調同士の一戦は、把瑠都の強引な吊りを外掛けで倒した鶴竜の勝ち。
鶴竜、本当に強くなってきた。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-26 22:34

どすこい秋場所 十三日目

どうやら優勝は朝青龍で決まりそうだ。
何とか千秋楽の結びまで決まらねば良いが、白鵬の左ヒジが相当悪そうなので、明日にも決まるかも。

三賞も敢闘・把瑠都、技能・鶴竜で決定でしょう。
殊勲は該当者なし。

この二人以外、関脇以下の力士で目立った者なし。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-26 00:03

どすこい秋場所 十二日目

朝青龍は全勝、白鵬は1敗をそれぞれキープ。
2敗同士の琴光喜と把瑠都の対戦は、把瑠都の圧勝。
今場所の把瑠都は組んでも強い。

琴欧洲が4敗目。
残りの対戦相手を見ると二桁勝利は難しそう。
先場所の13勝が、ツナ取りに何もつながらない。

稀勢の里は負け越しリーチ。
もう期待しても無駄なんじゃないかと思う。

オリンピックじいさん、毎日のように来ているが、横綱が負けないので活躍する場面なし。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-24 22:27

どすこい秋場所 十一日目

朝青龍、日馬富士を力で投げて全勝守る。
白鵬も1敗で追走。

2敗は千代大海が休場して不戦勝だった琴光喜と琴欧洲との2敗対決に勝った把瑠都の二人。
把瑠都はこのまま行きそうな気配だが、琴光喜はダメでしょう。

鶴竜が勝ち越しを決める。
今日も稀勢の里相手にいい相撲をみせた。

千代大海、引退を選ばず休場。
来場所の九州は地元なので、そこで辞めるつもりか?
何だか未練たっぷり。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-23 23:34

どすこい秋場所 十日目

1敗のダブル大関「琴」がそろって敗れる。
まあ、どちらも同じ大関が相手だからしょうがない。
でも、内容が完敗だったのは終盤戦に不安。

白鵬も相撲で負けて勝負に勝ったという感じ。
鶴竜の鋭い突き押しをよく残した。

朝青龍は今日も気合いで快勝。
しかし、本場所直前の2週間ぐらいの稽古でこんなに勝てるものかね?
力士全体がそんな感じだから勝てるのか?

今日はオリンピックじいさんしか有名人は見当たらず。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-22 23:32

どすこい秋場所 九日目

朝青龍は千代大海相手に危なげなく全勝キープ。
白鵬はヒジの調子が悪いのか、「らしくない」相撲。でも勝つんだな。
琴欧洲は今日も苦手の安美錦に苦戦したが、なんとか勝つ。
琴光喜は劣勢だったが、押しがカウンターパンチのようになり鶴竜をダウンさせる。
他、2敗組は把瑠都、鶴竜、北勝力の3人。
今のところ優勝争いは面白い。

勝負判定で明暗。
垣添と玉飛鳥戦。
玉飛鳥が土俵を割るより先に垣添の足が出て砂が飛んでいるのに、物言いもつかず垣添の勝ち。
審判長の目の前だったが、審判長はツルツル高砂。
おそらく、ちゃんと見ていなかったのだと思う。
玉飛鳥には気の毒だった。

ロボ高見盛と「ロシアの掟知らず」阿覧。
行事軍配は阿覧に上がったが、向正面審判から物言い。
ロボの髷をひっぱっていたので、阿覧の反則負け。
物言いつけたのは、たぶん元富士桜の中村審判だと思うがよく見ていた。
しかし、阿覧の相撲はむちゃくちゃ。
突っ張りというよりも、格闘技戦の平手打ち。しかも顔面狙い。
師匠の三保ケ関はどんな指導をしているのか?

しかし、審判長の人事、適材適所にしてもらいたいものだ。

今日もオリンピックじいさんがいた。
近くに大木凡人らしき人を発見。
別な席には元殿様キングスの宮路オサムもいたような気がした。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-09-21 20:18