<   2006年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

どうやら・・・

老犬・ぽんこ、どうやら危機を脱したようです。
まだ少ししか食べないものの、一日の生活リズムが安定してきました。

でも、もうこれで外での生活には戻らないでしょうなぁ。
寝ているときだけが静かで、起きているときはずっとワシらにまとわりついている。
ワシの場所であるソファの上も、今や共有となってしまった。
ちなみに、こうしてブログを更新しているワシの膝の上に座っているのだ。

とにかく、ようやく少しですがひと安心というところです。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-30 22:47

かすかな希望

最近は老犬の話題ばかりで恐縮です。

まったく食べようとしなかったのが、夜、ワシらが晩飯を食べていたら側に寄ってきて、妻が与えた魚の身とご飯を食べた
少量とはいえ、自分から食べたのはほぼ2週間ぶり。
何も食べなくなってからは8日ぶりである。

もはや骨だけになってしまった体なので、少し食べただけではとても体力回復とまではいかないが、自分から食べようという気持ちがあり、徐々に食べる量が増えたら・・・と、かすかな希望を持つのです。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-28 22:58

不思議

老犬、生命力強いです。
W杯日本チームにこのしぶとさを分けてあげたいくらいです。

危ない状態になってからほぼ10日経ちました。
「もうダメかな?」と2回諦めかけましたが、そのたびに復活しています。

しかし、口に入れるのは水だけで、ここ1週間はまったく食べていません。
厳密にいうと、外で排せつするときに草を少し食べています。
その他は何をやってもまったく食べない。
病院にも連れて行っていないので、栄養剤もいっさい使っていない。

にもかかわらず、ふらふらよろよろではあるが家の中をけっこう歩きまわる。
しばらく抱っこして、水をやり、落ち着いたところで横にさせしばらく眠る。
目覚めるとまた人のそばにやってくる。あちこちうろうろ・・・。
この繰り返し。
あと適当に外へ連れて行くと排せつ(おしっこ)する。

よく動く力があるものと、感心するばかりです。

経過をみていると、急性腎炎だったのかなとも思います。
先週の木曜日の夜ぐらいから、明らかに飲んでいる量以上のおしっこをするのです。
それが2,3日続いて、今は平常に戻ったようです。
おしっこが体にたまって具合が悪くなり、絶食することによって腎機能が回復して浮腫がなくなったとか?

確実に体調悪化の原因としていえるのは、歯周病の悪化
最近歯ごたえのないものばかり食べさせていたり、冬の間、口に刺激のあるものを咥えて引っ張って遊ぶということがなかったし。
ちょっと口腔への注意が飼い主として不足でした。
そのため、口臭がひどく、昨日の朝はついに歯が一本自然に抜けてしまいました。
本当に生き物といっしょに暮らすのは、細心の注意が必要です。

果たして、老犬が食欲を取り戻し奇跡の復活をするのか、あるいはこのまま自然に寿命を迎えるのか・・・。
いずれにしても、15年いっしょに暮らしてきた家族として、最後まで見守ります。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-26 21:36

生命力

危機を脱したかに見えた老犬だが、一昨日の夜からまた弱ってきた。
その日の夕方まではふらふらしながらも立ち上がって歩いたり、少しだが食べていたのだが、ついに立ち上がることができず、何も食べない状態になった。
その晩は徹夜で付き添った。

昨日今日も同じ状態が続く。
水だけは飲む。

しかし、今日の午後、二人とも出掛けていて、帰ってきてみたら、何と老犬が玄関につながる居間のドアの所にうずくまっていた。
お腹の下には大便が。近くには小便が。

これは家の中に居るときは、玄関で排せつするので、ここまで歩いてきたらしい。
でもドアが開かないので、ここでしてしまったという訳だ。
もう寝たきりなのだから、寝ている場所でしてもいいのに、頑張ってここまで来たかと思うといじらしくなる。
それにしても、よく立ち上がって歩いてきたものだ。
という訳で、帰宅早々夫婦で後始末。

危険な状態になって1週間。
生命力には感心するが、日々の介護もけっこう大変で、命あるものを看取るというのはつくづく大仕事である。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-22 22:19

望みつないだ・・・のか?

新聞やテレビでは16強進出に「望みをつないだ」と報道しているが、俺は「ほぼ絶望」という風に見ている。
クロアチアとオーストラリア戦の結果とブラジルに3点差以上の勝利という条件を、クリアできると考える方がおかしいだろう。
2試合で1点しか取れないチームが、3点取るなんてことがW杯で起こる確率がどれだけあるんだ?
確かに何が起こるか分からないのが勝負の世界だが、あまりにも現実ばなれした観測はかえって虚しい。

それにしても、日本のFW陣の影の薄さはひどいね。
いないのと同じじゃん、あれじゃ。
高原は試合に出ていることさえ忘れさせ、柳沢は決定的チャンスを逃がしたことで「ああ、いたのか」と気がついた。
玉田も大黒も「お前ら何しに出てるの?」と言いたいほど見せ場なし。

中田が明らかに得点狙いのミドルシュートを放ったが、あれはFWに回してもゴールできないから、ならば自分が打つしかあるまい・・・という感じだった。
三都主もそんな雰囲気。

川口の相手PKのスーパーセーブは感動ものだったが、あのプレーで全体の闘争心が上がったように見えないところが日本の弱さなのかな?
ブラジル戦ではファイトむきだしのプレーを見せて欲しいよ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-19 23:22

どうかしてるぜ

今夜は日本対クロアチア戦。
放送はテレビ朝日系列。
したがって、今日はテレビ朝日系列の番組はほぼワールドカップ一色。
まあ、他局も似たり寄ったりだけど。

午後、偶然テレ朝系列の番組をみたら、系列局のアナウンサーたちが各地の滝に打たれていた。
必勝祈願だそうだ。
ワールドカップ、日本全国「どうかしてるぜ」現象。
負けて早々と予選リーグ敗退が決まったら、その後どうするの?
勝ったら勝ったで、ブラジル戦への期待で大騒ぎだろうけど。

そういえばTBS系ではゲームで架空願望試合をやって、日本がクロアチアとブラジルに勝つという予想をしていた。
そんなに甘くないって。

とにかく、本日の試合では自信をもってシュートしてもらいたいものだ。
シュートしなければ点は入らない。
点が入らなければ絶対勝てないのだ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-18 18:16

親はエライ

このところめっきり身体が弱ってきた我が家の老犬、ついに一昨日アブナイ状態になった。
下痢と嘔吐。食べる力もなく、水もほとんど飲まない。
目に力がなく、夜にはもう妻と覚悟を決めた。

もう意識混濁のような感じとなり、そのままふっと旅立ちそうになったとき、俺は大きな屁をした。
その瞬間、老犬はびくっと意識が戻り、三途の川の傍から現実に帰ってきた。
そこでどうやらヤマを越したようで、昨日から少しずつではあるが食べたり飲んだりしている。

今日の午後、俺らが居間にいたら、寝ている部屋のふすま(軽い)を開けて勝手に部屋から出てきた。
ふらふらして立つのもやっとなのだが、そういうときは歩くのだ。
何とかこのまま元気になってくれると良いのだが。

我が家は結婚20年だが、子どもはいない。
15年いっしょに暮らしている犬が強いていえば子どものようなものだ。
こうして犬の看病をしていると、改めて親である人たちの偉さを感じる。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-17 22:17

進歩のないワイドショー

秋田小1男児殺人事件は容疑者逮捕、自供ということで一応の区切りがついた。
にもかかわらず、ワイドショーは毎日朝も昼も容疑者について報道する。
事件の本質を追っているというよりも、容疑者を興味本位にあらいざらい暴露しているという感じだ。
むろん、容疑者に同情の余地はないのだが、それにしても偏りすぎた報道だと思う。
また、○○評論家というようなオーソリティー(?)が登場し、もっともらしいコメントをするのも相変わらずの茶番だ。
いつまでも女性週刊誌と同じで良いのか?
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-14 22:18

にわか評論家

今日はあちこちでサッカー評論家が活躍したことであろう。
何しろ最近は、日中のワイドショーでもサッカーを話題にするからね。
まあ、かくいう自分もにわか評論家のひとりである。

願望を込めた予想はみごとにハズレました。
でも勝利予想にはそれなりの根拠はあったのだ。
ランキングでは差があるし、最近の対オーストラリア戦は連勝だったし。
相撲の番付をはじめ、ランキングはそれなりに信頼できる実力評価だと思っている。

立ち上がりのチャンスを逃がし、相手に攻められながらも川口のファインセーブで耐え、中村の技ありのキックで先制ゴール(試合後、主審がミスジャッジと言ったのには驚いた)・・・前半戦はそれなりにいい雰囲気だった。
これで、後半はもう少し攻撃的になれるのではないかと期待した。

しかし、一向にチャンスはない。あってもシュートまで持って行けない。
FWに「俺が決めてやる」というパフォーマンスが見られない。
目につくのは、選手が接触し、倒れるのは必ず日本の選手
その体力的な差が、ボディブローのように時間が経つにつれて影響してきたように思う。
選手の運動量が少なくなってきたように見えたとき、ついに頑張りぬいた川口もゴールを許してしまった。
2点目は不運もあったが、強いシュートを打った相手選手の積極性がものを言った。
3点目はDFが集中力を失っていた。

新聞やテレビでも指摘しているが、選手交代のタイミングも悪すぎた。
もっと後半の早い段階でFWを替えてしまった方が良かったのではないか。
とにかく強いシュートを打てないFWなんて何の意味もないだろう。
相変わらずメンタル面での弱さを感じさせた日本は、次のクロアチア戦もかなり厳しいのではないかと思う。
ムードを明るくできる選手って誰かいるのか?
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-13 21:23

本日は10時まで

ワールドカップを気合いを入れて見ていたら、日常生活は破綻してしまう。
なるべく予選リーグは静観である。

しかし、本日は日本とオーストラリアの試合。
これはやっぱり観なくっちゃ。
ということで、本日は10時までに雑用を片付けて、しっかりキックオフからライブで観ようと思う。

戦術的な面はよく分からないが、2対1で日本勝利、と願望を込めて予想するのだ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-06-12 18:30