2008年 01月 20日 ( 1 )

どすこい初場所 中日

早くも優勝争いは両横綱にしぼられた。
後半戦、お互いに取りこぼしせずに千秋楽決戦になるか?

白鵬は力強さを見せてくれた。
決まり手は「引き落とし」だが、「押しつぶし」(実際にはそんな決まり手はない)と名づけたいぐらいの強さだった。
相手の琴奨菊も今場所好調なのだが、気後れしたのか、作戦なのか、立ちしぶりが裏目となり、負けたうえに怪我もした様子だった。

最近、若手力士に「立ちしぶり」の傾向があるが、これがうまくいった例がない。
特に横綱戦だと、手痛い目にあうのがオチだ。
だいたい、失礼だろう。

若手はガツンと思い切りぶつかって欲しい。
[PR]
by ojiji-houdan | 2008-01-20 21:27