2006年 07月 17日 ( 1 )

どすこい 九日目

琴欧州と把瑠都、初対戦。
時間は短かったが、大型同士の対決は迫力があった。
今日はパワーで把瑠都が勝ったが、琴欧州も足が完治したらそう簡単には負けないだろう。
来場所以降も楽しみな一戦である。

白鵬、「あれれ」な2敗目。
今場所は先場所ほど立ち合いが自分の型になっていない。
場所後の昇進はかなり厳しくなった。

昨日不戦勝で勝ち越しを決め、大関の座を守った栃東だが、一日相撲を取らなかったことが微妙に影響したか、7日目までのリズムが狂い千代大海にあっけなく敗れる。
栃東は変化で勝った翌日など、リズムが狂いやすい力士だ。
まあ、だから横綱になれないんだけど。

朝青龍、「網打ち」というめったに出ない決まり手で全勝を守る。
こういう勝ち方は一見豪快だけど、自分の相撲が取れていないことでもある。
明日以降の後半戦、スタミナがなくなると相撲が荒くなり、思わぬ敗戦につながる。

本日は理事長の定例会見。
インターネットで各新聞社のニュースを読んだが、わりと露鵬をかばうような発言。
北の湖理事長の感覚は、すべてにおいて相撲ファンの気持ちとズレがあるように思うのだが。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-07-17 22:48