夏の忘れ物

もう一回、早実対駒苫戦が実現するとは思わなかったよ。
たいがい国体では夏の成績はアテにならないからねぇ。
今回は両チームともモチベーションが高かったので、夏の甲子園の実力どおりという訳だった。

で、結果は1対0で早実が駒苫を下したのだが、両チームとも勝利への執念を燃やしながらも楽しそうにプレーしていたのが印象的だった。
昨日はハンカチ王子こと斎藤がパフォーマンスとして青いハンカチで汗をふいてみたり、今日は駒苫の本間がバッターボックスでピンク(?)のハンカチで汗をふいたり……高校生活最後の試合ということもあり、甲子園とは違ってリラックスしていた。

試合が終わった後、両チーム入り乱れて記念写真を撮っていたけど、激闘の後の、ラグビーでいえばノーサイドという雰囲気で良かったなぁ。

ほぼこのメンバーで公式戦を4回(昨秋、明治神宮大会でも対戦。この時は駒苫が勝利)戦ったんだよね。
すごく珍しい記録だと思う。
田中も斎藤も闘志を隠さずにいながら、実にさわやかだった。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-10-04 22:49
<< バカな人たち 後遺症 >>



時事ネタを勝手に評論
by ojiji-houdan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
最新のトラックバック
こんなことってあるの?
from Anything Story
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧