カテゴリ
全体
時事ネタ

懐かし系
スポーツ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

どえりゃあ名古屋場所 千秋楽

十四日目には決まらなかったが、白鵬が1敗のまま優勝。
今年4場所を終えて、57勝3敗はすごい。
でも、優勝決定戦は0勝2敗だけどね。
朝青龍は弱くなり、琴欧州や日馬富士とは自力に差があるし、しばらくは白鵬の独走かな?

モンゴル出身力士が少なかった頃は「モンゴル」を意識したけど、今のように人数が増えたら全然違和感がない。
むしろ、モンゴル人力士で大相撲が成り立っているのが現実だ。
もう、「モンゴル」を特別視する必要はないんじゃないか?

モンゴル人は相撲に向いているが、ロシア人はダメかも?
例の追放3人組のつまらない相撲に負けないくらい、つまらない相撲を見せるのが阿覧だ。
目の前の相撲に勝ちさえすればいい、という考えで、先のことは頭にないのだろう。
お国柄なのか?

今年は釧路に夏巡業が来る予定だったが、取りやめになってしまった。
収支がマイナスになりそうなためである。
相撲協会、売り値が高すぎるんじゃないか?
財団法人なんだから、普及の場と考え安くしてもいいだろうが。
いつまでも「殿様商売」やってんじゃないよ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-26 23:07

どえりゃあ名古屋場所 十三日目

昨日、優勝争いは千秋楽まで競り合うのでは、と書いたが撤回したい。
1敗対決を制した白鵬が明日にでも決めるのではないだろうか。

元凶は、またも期待を裏切った琴光喜。
まさか連敗して脱落とは思いもよらなかった。
優勝は平幕優勝の1回で引退だな。
2回目の優勝なんて考えられない。

朝青龍が久しぶりに無茶苦茶な相撲を見せた。
大関相手に「やぐら投げ」とは驚いた。
気分が良かったところで、明日の琴欧州戦も勝つのではないか。

逆に、あんな技をくらってしまった日馬富士は意気消沈。
気を取り直して白鵬に勝つのは難しそう。

終盤になり、立合いの変化に勝機を求める力士が目につく。
まして、それで決まると、なんか腹立たしい。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-24 23:30

どえりゃあ名古屋場所 十日目~十二日目

優勝争いは白熱。
1敗の白鵬、琴欧州と2敗の琴光喜が千秋楽まで競り合うのでは?

稀勢の里にはまったくがっかりした。
対戦成績が悪いとはいっても、番付では格下相手に連敗。
落ち込みやすい性格なのか?
それとも、もうこれ以上力が伸びないのか?

山本山が休場。
ケガするような相撲ではなかったように見えたが。
しかし、十両に落ちることになるのに、ずいぶんあっさりと休場したものだ。
下半身のケガなら分かるけど…。

十両で負けが混んでいる力士の相撲、無気力としか感じられないものがある。
そういうのをチェックする機関は何をやっておるのか?

元大関・出島が引退。
ケガで大関から陥落後も、長年真摯に土俵を務めた。
変色した足が痛々しかったが、いつも全力を尽くしていた。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-23 22:31

どえりゃあ名古屋場所 七日目~九日目

白鵬と琴欧州が全勝。
白鵬は先場所より安定感があり、強さを感じる。
琴欧州は最近になく好調だが、まだ去年の優勝場所ほどの内容ではない。

1敗は琴光喜ひとりとなった。
珍しく好調なのだが、大事な一番になると「弱気の虫」が出るので、期待できない。

それよりも、2敗の稀勢の里に注目したい。
明日の琴欧州戦に勝てば、このまま2敗キープで行けそう。

朝青龍は明日になれば休場かも知れない。

3敗になった日馬富士には、優勝争いを面白くする役割を望む。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-20 23:35

どえりゃあ名古屋場所 五日目~六日目

日馬富士が5日目で早くも2敗となってしまった。
日馬富士は相撲界から追放された若ノ鵬によく星を落とした。
阿覧はタイプが若ノ鵬に似ているので、ちょっと危惧していたら、やっぱり同じような相撲になってしまった。
研究不足だったね。
それでも今日は連敗を免れたので、初場所や春場所の頃よりは進歩しているのだろう。

中盤以降注目したいのは稀勢の里。
初日こそ日馬富士に負けたが、2日目からは内容のいい相撲で5連勝。
横綱ひとりぐらい食って、12勝以上あげてほしい。

今場所は幕内全体の相撲内容がいつもよりいい感じ。
簡単に勝負が決まらず、けっこう攻防がある。

しかし、観客席の空席が目立つなあ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-17 20:16

どえりゃあ名古屋場所 初日~四日目

猛暑が続く名古屋で15日間戦うのは、力士といえどもハードである。
まあ、毎日観戦しているお客さんも大変だけど。
今年も、おなじみの顔が客席に見えて名古屋らしさを感じさせる。

両横綱が共に4連勝スタート。
白鵬は万全だが、朝青龍はちょっと足元がバタついているようだ。
実戦で調子を上げるタイプだが、その前に負けることもありそう。

大関の「ダブル琴」も4連勝。
たまには存在感を見せてもらいたいものだ。

注目の日馬富士は早くも1敗。
確かに今場所も優勝したら横綱昇進の内規は満たすのだけど、まあもう少し見てからという感じ。
まずは毎場所12勝以上の星をコンスタントにあげることだ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-15 23:11

でかい

f0060496_1802651.jpg

ついに我が家も、地上デジタル放送対応薄型テレビにした。

40型にしたのだが、狭い居間で見ると画面が大きい。

また、確かに映りも良い。
字幕放送も内蔵されているので助かる。

まあ高いだけの価値はあるかな?
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-13 18:00

諸行無常

先月亡くなった方の「偲ぶ会」があった。
ここ数年は交流がなかった方だが、20年以上前いっしょにある活動をした仲だ。
ついこの間のような気がするが、もうそんなに昔のことになった。

ワシより6歳上だが、まだまだこの地域で活躍できた方だ。
最近、50代の方の訃報が多いような気がする。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-11 23:13

真夏日?

当地は真夏日になったらしいのだが、その時間は冷房が効いている所に居たので実感なし。
外へ出たときは曇っていて、間もなく雨が降り出した。
気温は一気に下がってしまい、なんだかソンした気分。

明日の天気予報は最高気温が15℃とか。
真夏日の半分じゃないか。

体調管理が難しい。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-09 23:27

うろうろ

昨日も夏日。
しかし本日は気温上がらず。
夏はうろうろしているようだ。

困るのは着るもの。
寒暖差に備えて用意すると、常にたくさんの衣類がその辺にだしっぱなし。

毎日暑ければ、何も考えずにTシャツでいいのになぁ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2009-07-08 23:00