カテゴリ
全体
時事ネタ

懐かし系
スポーツ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


<   2006年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

黄金週間

黄金週間(ゴールデンウィーク)が始まりました。
しかし、明日明後日と出勤する人(オレもそうだが)も多いだろうから、そういう人にしてみれば昨日今日はいつもと同じ土日だったことでしょう。
むしろ29日が土曜日だったために、1日休みを損した気分ではなかろうか。

9連休取れた人は「黄金」かも知れないけど、3連休ぐらいじゃせいぜい家でぶらぶらするか、近辺に出歩くかぐらいでしょうなぁ。
まあ、全然休みがない人も大勢いるので、あんまり文句も言えないが。
でも、休めない人がいまだに多いという現実は、日本はまだまだ豊かな国になった訳じゃないという証明かも。
むしろ、労働をとりまく状況はどんどん悪化しているようだ。

海外旅行でのんびり」と「休みなし」の現実は、やっぱり格差社会だべ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-30 22:24

原監督の左手首に注目

プロ野球も開幕して1カ月が過ぎた。
パ・リーグはやっぱり楽天がダントツのビリ驀進中?
セ・リーグは久しぶりに読売が快調に首位を走っている。
前の監督に比べて原監督の方が優れているというのも多少あるだろうが、WBCに行ったのが上原と李だけだったのが好調の原因ではないか。
代表選手たちは何人かを除いて、ほとんどが体調を整えるのに苦労しているように感じる。

さて、注目して欲しいのは原監督の左手首である。
前の監督時代も同じだったのだが、ユニフォームにまったく似合わない、いかにも高級そうな腕時計が光っているのである。
まあ、高いものしか持っていない、という理由だろうけれど、何だかミョーに野球とミスマッチだ。
監督1年目で日本一となり、2年目優勝を逃がしただけで3年契約なのに詰め腹を切られて辞めてしまった原タツノリ。
なのに要請されると笑顔で復帰してしまった。
よほど心の広い大人物なのか、とんでもないバカかのどちらかであることは間違いなさそうだ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-29 20:38

忘れられた人たち

夕刊を読んでいたら「イラク駐留陸自10次群に派遣命令」という記事が。
そういえば、まだイラクに自衛隊員が派遣されているのだった。
最初に派遣が決まったときは大騒ぎだったがなぁ。
無事帰還を祈る「黄色いハンカチ」とかさ。
それがいつの間にか、存在がすっかり忘れ去られてしまった。
本当に「喉もとすぎれば熱さを忘れる」ってやつだな。

幸い隊員の死傷者は出ていないけど(小泉語で言うと安全の証明?)、過酷な場所に居ることは間違いないだろう。
それにしても、今や何をやっているのかさえも定かではない。
全然現地からの報道ってないし、メディアは伝えようという気もないようだし。

まあ、ブッシュにいい顔したいがために派遣しているようなものだから仕方がないか。
でも、何で「軍」ではなく「群」なのかね?
日本で堂々と軍と名乗るものは「巨人軍」と「石原軍団」だけ?
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-28 22:35

姉歯とホリエモン

昨日逮捕された姉歯元建築士。
あのアタマはどうするのだろうかと思っていたら、今日は素のアタマだった。
カツラの中に釘やヤスリなどを隠し入れるおそれがあるので、装着を認められなかったらしい。
でも、せめて移送時ぐらい許可してやっても良かったと思うが。
あるいは帽子をかぶしてやるとかさ。
何だか晒し者にしているみたいでイヤな感じ。
まあ、本人の意思ならばいいけどさ。
それにしても、悪の張本人である小嶋と内河はいつ逮捕するのだ?
いちばん儲けた内河は罪にならないとか?

ホリエモン、ようやく保釈。
保釈金3億円ってのはスゴイな。
それにしてもずっと否認したままなのは、ある意味根性あるよね。
この後は、拘置所日記でも書いてひと稼ぎするのかな?
その印税でまた何かやるとか。
けっこうホリエモンはタフなヤツかも知れない。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-27 23:19

20年

チェルノブイリ原発事故から20年経った。
当時、事故発生を知ったのは何日か後で、それもそれほど深刻な事態とは思えぬような報道だったと思う。
しばらくして、放射能汚染がヨーロッパの広い範囲で発生し、やっと重大な事故であることに気づいたが、しょせんは「他所の国の話」であった。

しかし、20年経った現在においても、原発事故発生時の状況や住民の被害についてはナゾのままである。
たぶん、広島・長崎に原爆を落としたアメリカ国民が、現在に至るまで被爆直後の状況や、その後の被爆者のつらさなどが解らないのと同じことだと思う。
いったい事故直後にどれだけの死亡者がいたのか、永遠に不明のままかも知れない。
そして、この先、どれだけの人が原発事故の影響で苦しむことになるのかも分からない。

それでも、原発は世界各地で動いている。
管理マニュアルを遵守していれば、何も不安になる必要もないのかも知れないが、もしマニュアルから逸脱した場合はどうなるのだ?

映画「ジュラシック・パーク」の最初の作品を思い出してみよう。
管理マニュアルを守らなかったバカ・スタッフひとりのせいで、安全は破られたのだぞ。
それと同じことが原発で起きないと誰が言える?
東海村バケツ事件」を忘れてはいかん。
機械に100%の信頼をおくのは危険だ。
それを管理する人間にも「絶対」はない。

ワシらは二度とヒロシマ・ナガサキ・チェルノブイリを繰り返してはいかんのだ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-26 22:55

カレーは偉い

f0060496_18434173.jpg

本日は事情があって晩メシを自分で作ることに。
適当にカレーチャーハンを作った。
カレー味にすると、まあとりあえず何とかなるものだ。(^_^)v
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-25 18:43

おいおい

日中、「何だか寒いな、身体の機能が停止してきたぞ」と思ったら、雨が雪に変わった。
それもハンパな降りかたではなく、真冬と同じように堂々と降ってやがる。
まあ明日になれば解けるのだろうが、それにしても5月が間もなくという時期にしてはけっこうな降雪量である。
という訳で、本日は身体も思考も停止状態です。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-24 21:34

人それぞれ

日本ハムファイターズ・新庄の引退宣言をめぐって賛否両論がある。
シーズンが始まって間もないこの時期に引退宣言などけしからん、というまっとうな批判はごもっともである。
しかし、それは普通の選手に対していう言葉。
異星人である新庄には当てはまらない。

元々メジャーから日本球界に復帰するときにも「3年間」と本人が言っていて、今年はその3年目である。
新庄のモチベーションは、目立つことによって高まるものだから、彼自身強い発奮材料が欲しかったのだろう。
すでに力は落ちている訳だから、今シーズンをしっかり働くためには、早い時期から引退宣言して、自分で自分を追い込む必要があったのだと思う。

実際、引退宣言をしてからの新庄の活躍ぶりは目覚しい。
今日もホームの札幌ドームで勝利の立役者となった。
結果的に良ければ、この時期の引退宣言など問題なし。
まして、プロで生きる選手たちが、新庄の引退宣言で振り回されたりするはずがなかろう。

これからの試合、すべて引退への花道と思って、新庄が大活躍すれば結果オーライである。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-23 18:17

どうなっておるのだ

今度は高1の男子生徒が中2の女子生徒を殺したってか。
しかも、友だちだったというじゃないか。
何故、そんなに簡単に人を殺すことができるのか?
また心理学者らがいろいろと述べているが、どれも具体的な有効策になりそうもないものばかり。

テレビで人を殺すシーンがある番組は夜10時以降しか放送できないとか、人を殺す内容を含むゲームソフトは販売禁止とか、もっと
人を殺してはいかんのだ。理由なんかない。とにかくダメなのだ
ということを青少年に徹底させる必要があるのではないか。
君が代を強制させる文科省には、そんなこと朝めし前だと思うが。

愛国心よりも「人を殺すな」という教育の方が、今はよっぽど重要だ。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-22 23:03

みんなで・・・

赤信号、みんなで渡ればこわくない
懐かしいツービートのギャグでした。

しかし、これは笑って済ませるが、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の〝みんなで〟はどうよ?
これは苦笑している場合ではないぞ。

個人の信条で靖国神社を参拝するのは自由である。
しかし、総理大臣や大勢の国会議員が集団で参拝するのは、外交面で大きなマイナスであろう。
靖国神社は中国や韓国との友好的な外交のカギを握る懸案事項である。
それなのに相手国の神経を逆撫でするようなパフォーマンスが、果たして国益につながるか?

みんなで参拝した議員たちは、自分の気持ちに従うのであれば、個人で参拝すればよかろう。
何も示威的行動をとる必要はないと思うが。
きっと、この連中は自分を愛国心のある人間と思っているのだろうが、近隣諸国と友好関係を築けないようなヤツが国を愛したら、独善的な国を作ろうとするのではないか?
とにかく、参拝するなら「一人で行け」と言いたい。

靖国神社に対する俺の見解は以下のとおり。

靖国神社は明治新政府(薩長政府)が天皇を頂点とする中央集権国家を築くための単なるアイテムとして作った神社。
これにより善良な国民を「天皇の軍隊」に駆り出し、「戦死=神」という詭弁により、国(天皇)に命を捧げることが臣民として名誉であると国民を欺いたもの。
だいたい戦死したら神になるという論理が、冷静に考えたらムチャクチャではないか。
しかも、「戦死」ではない者も合祀しているし。

戦争で大事な人を亡くした方々の心情は、本当につらかったと思う。
また、靖国神社に祭られていることが心の支えになっている方も多いだろう。
それ故に、靖国神社を政治的に利用しようとする連中はなおさら許せん。
[PR]
by ojiji-houdan | 2006-04-21 22:48